特色

LPK-SSの特色

1) 駐日事務所の存在
LPK-SS 日本駐在事務所を東京に設置していることから、技能実習生への管理強化 が図れ、またトラブル時の早期対応や出入国などのサポートが可能となります。
2) 受入れ機関とのコンタクトの円滑化
LPK-SS 日本駐在事務所と直接に各手続きが行えるため、書類送付や事務手続きな ど、要する時間の短縮や送料・通信費・送金手数料等、大幅に節約できます。
3) 日本語学校としての歴史
LPK-SS は、インドネシア・バリ島で日本語学校を営んでおり、語学はもとより、 日本の文化をインドネシアに広めるべく活動してきた実績があります。 代表者のウスマンは、日本で6年ほど生活した経験があり、日本の文化にも精通し ており、日本語の読み書きも堪能です。これを活かし、より実践的な日本語教育を 行っています。

技能実習生受け入れのメリット

1) 厳選された選考と面接により優秀で確かな人材の受け入れが可能です。
2) 技能実習生による企業別専門用語やマナーを身に付けた人材の確保
技能実習生は貴社の職種の経験者です。日本語等を480時間以上徹底的に教育してから来日します。

安定した人材の確保

1) 技能実習生は毎年受入れが可能
東南アジアには「日本に技能実習生として渡航したい」という若者が、受入れ希望人数に対して10倍以上の応募がある程大勢います。このため、優秀な人材を選抜する事が可能です。
2) 技能実習は労働基準法に準じた賃金で技能レベルの高い人材に
日本国内において技能実習生受入の需要が年々増加しており、実践における即戦力となっております。 技術面、語学力等、また社風にあったより良い優秀な人材(技能実習生)を、労働基準法に準じた賃金の下、貴社の事業計画に沿って、技能実習制度を有効的に組み入れる事が出来ます。

作業効率やコスト削減

1) 受入れを機に工程やマニュアル等の効率改善が進みます
2) 安定した生産性による経営基盤の確立
技能実習生の取り組みは、生産性の安定化に寄与し、更なる経営基盤の確立を図ることができます。
3) 業務に合わせたシフト体制にも対応
技能実習生は、業務活動のシフト体制に準じることが可能で、残業・深夜・休日の実習も可能となります。
4) 人事管理業務大幅低減
人事管理は企業様において重要であり、大変な業務でもあります。 そういった職場定着性の悪化によるパート・アルバイトの募集・面接等や退社の業務処理が大幅に低減されます。

職場環境の活性化

1) 既存従業員の意識改善
技能実習生の積極的な取り組みの姿勢は、社員・パートタイム社員への仕事に対する意識を改革させ、良い職場環境を育みます。
2) 技能実習生への技術指導による既存従業員への影響
技能実習生に対し教育・技術指導をすることにより、社員一人一人が誇りを持ち、仕事にも良い影響があります。
3) 向上心旺盛な若者の受入れにより職場環境の活性化
インドネシアの若者は、素直でいて協力性に優れ、まじめに仕事へ取り組む姿勢が評価されています。 また、やる気に満ち、頑張る姿勢が職場を活性化させます。
4) 戦力の向上
技能実習生を受け入れる事は、貴社の戦力の向上は勿論、新しい形でのチームワークや生産性が生まれてきます。

国際的企業として

1) 会社のイメージアップ
国際貢献企業として国内での有能な人材の確保に役立ちます。
2) 国際ビジネスへの発展性
技能実習を終え日本を巣立った技能実習生は母国の企業で活躍します。 帰国後もインドネシアとの繋がりがより強化し、企業間提携や国際的な事業拡大に繋がっていきます。 また、育成した技能実習生が海外取引の拡張や、インドネシア拠点を作るときなど、大変頼りになる人材となります。
技能実習移行対象職種